茶づくり人たちの至福。

090420.gif



いよいよ全国2位の茶どころ、鹿児島も新茶のシーズンに突入しました。出来たての新茶が少しずつ順番に店頭に並びはじめます。その入荷する商品数はまだまだ日によって変動するので「ああ、お茶は農産物なんだなぁ」とあらためて思うのです。

「Lasala Times」もvol.4を発行することが出来ました。いよいよ県外のお客様へもお届けする計画になっていたため、意識したのは「商品を宣伝する」よりも「鹿児島から思いを伝える」ことでした。

私たち制作チームはある意味「他人」であり「消費者」。宣伝文句よりもどんな人がどんな思いでお茶を育て、どうやってお茶を作っているかの方が気になるのです。
昨年12月から「遊びに行ってもいいですか?」というノリで畑にお邪魔し、遠足のように現場を探検し、担当の方から何時間も話を聞いて過ごしました。

その中から心に留まった言葉やシーンを大切に切り取り、「Lasala Times vol.4」へ貼り込みました。テーマは「茶づくり人たちの至福」。

人柄をそのまま伝えてくれるイラストは、江夏潤一さん。
膨大な取材をいつも一緒に楽しんでくれるのは、ライター(兼家庭菜園同好会)の中野亜紀さん。
一つひとつの商品撮影をカンペキに仕上げてくれるカメラマン、斧渕昭洋さん。
編集作業をバリバリと行ってくださるラサラスタッフの皆さま。
今回もありがとうございました。

そして、何時間でも語りたいくらい素敵な茶師・日浦和規さん。
日浦さんの熱い思いを、私たちは少しでも伝えることが出来たでしょうか?

◎「Lasala Times vol.4」無料配布中→click!ティースペースラサラ各店 荒田本店卸本町店高麗店


« メディカルフィットネス・ジェスパ | | パークヒルズ慈遊館 »


home

About

2009年04月20日 10:36に掲載された表紙の写真です。

鹿児島・グラフィックデザイ|広告ディレクション