« 梅雨のころの畑 | メイン | お土産つめて…。 »

健気なブルーベリー

060716-01.gif

引っ越してきてすぐの頃、玄関脇の砂利がひいてある所を無理矢理掘って植えたのがブルーベリーの苗だった。どれくらい大きくなるのか見当もつかなかったので、本当に申し訳ないくらい狭いところに今でも植わっているのだ。もちろん世話なんてしない。剪定もしないし、肥料もやらない。だからいまだに腰より低い小さな木のまんまである。なのにちゃんと実がついているのだから偉いなーと感心する。
去年はなりっぱなしのまま勿体ないことに食べなかったので、今年はぷちぷち摘んでみた。一粒口に放り込んだら、いっちょまえに甘かった。う〜ん、過保護にしないからこそ自力で頑張っているのだろう。偉いぞ。
で、贅沢にも新鮮なうちにジャムにしてしまう。これをヨーグルトにかけて食べると、そのままでは味わえない旨さなのだ。でもとれた量はわずか150g。小さな瓶に半分のジャムにしかならない。本当の贅沢品だ。

060716-02.gif

いづれ安住の地が出来たとしたら、植えたいものがいくつか決まっている。春の快楽アスパラガス、日本の香りとしてありがたい山椒や柚子、梅干しを作るための梅の木、大好きな芳香のばら。そしてこのブリーベリーやキウイなどの果物。いくつになっても季節のものを詰み、手を加えて楽しめる…そんな生活を思い描いている。

About

2006年07月17日 00:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「梅雨のころの畑」です。

次の投稿は「お土産つめて…。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

鹿児島・グラフィックデザイ|広告ディレクション