« 事故の対応力 | メイン | 備品購入とガス配管 »

明かりが灯ると、やっぱりうれしい。

0-131011.gif

10月11日(金)
終日のお仕事から深夜の帰宅。
そして、真っ暗な中、うふうふしながら小屋に向かう。
スイッチ入れる…電気がついた!

10月12日(土)
お仕事の印刷物を受け取り、そのまま10,000部を一人で納品。
お昼を食べ損ねたままNPOの事業のため会場入り。
夕方の撤収後、一瞬実家に寄ってさわやかな人に着替えて変身。お昼ごはん(?)を食べて5分仮眠でリコーダーアンサンブルへ。我ながら激しいなぁ…。

へろへろしながら深夜の帰宅。
そして、真っ暗な中、今夜もうふうふしながら小屋に向かう。

冷蔵庫到着。

これは通常の家電製品を購入したため、配送設置サービス付き。留守の間に梱包をといて指定場所に設置までしてくれていた。厨房機器の搬入でけっこう消耗していたんでしょうか、普通のサービスに涙が出そう…。
さてと、順番にそろってきましたね。

ずっと今まで真っ暗だった場所に明かりが灯ると、やっぱりうれしいものです。
そして電球色普及委員会としましては、「あそこはバーをはじめたのけ?」と近所で言われそうな明かりを目指したく思います。
窓からこぼれる明かり、だいじですもの。

加工作業は日中しかしたくありません。
夜は人間らしくゆっくり過ごす、それが私の理想であり、今後の希望です。

保健所から「加工するには照明の輝度と照度が足りません」と指摘された時には、堂々と「夜は働きませんから、窓からの明かりで充分なのです」と、微笑みながら言いたいと思います。
ええ、言いますとも。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rh-plus.co.jp/system/MT/mt-tb.cgi/1960

コメント (2)

snow:

はなさん!お疲れ様です!
本日は、はなさんのところで知ったという、お客様がおみえになりました(*^^*)
いよいよカフェメニュー表を作って頂かないと、まずい状況なので打ち合わせよろしくお願いします!
サービスでお出ししていますが、遠慮されるので(^_^;)

小屋の楽しみやガス台が大変な時に、申し訳ないですが…

あと、照明用の自在鉤を引っ掛けるフックを天井に付ける事をお伝えしてなかったです!
すみません〜m(_ _)m

はな:

こちらへの書き込みありがとうございます。
diaryがもう収拾つかない感じで、困ったものです…とほほ。
最終日の20日(日)にお邪魔しようかと思っています。
自在鉤の付け方がどうだったっけ?と思いながら、とりあえずひもだけで提げてます…(^_^;)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年10月12日 18:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「事故の対応力」です。

次の投稿は「備品購入とガス配管」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

鹿児島・グラフィックデザイ|広告ディレクション